鍼灸治療について
鍼とお灸について
養生について
お子様の鍼灸治療について
鍼灸ブログ
コラム
肩こり 豆ブログ
腰痛 豆ブログ
インフォメーション
小口鍼灸院

〒392-0006
長野県諏訪市元町10-18

診療時間
火~金
9:00~11:45 / 14:30~19:30
月・土
9:00~11:45 / 14:30~17:30

休診日 日、祝祭日

ご予約はこちら 0266-53-2857



HOME > ブログ > アーカイブ > 肩こり 豆ブログの最近のブログ記事

ブログ 肩こり 豆ブログの最近のブログ記事

最初から余談で・・・

肩のこる人、多いですよね~。当院に治療に来る大半が肩こりか腰痛の方です。

この「肩こり」という言葉、実は外国には無いみたいなんですよ。で、肩こりを英語に訳してみると、「stiff neck」「tight shoulders」「shoulder discomfort」「shoulder stiffness」(stiff...(曲がらなくて)硬い)とかshoulder painとかになるのかな?他の外国語には訳したことがないので聞かないでくださいねcoldsweats01

ちなみに五十肩等の肩関節周囲炎はfrozen shoulderなんていいます。冷え固まった感じをしっかり表していますね。まあ、症状によっては熱を持って、ズキズキと疼くこともありますけど。

あと、肩こりの「肩」は英語ではshoulderですよね。実はこのshoulder、「肩関節」「肩先」「肩甲骨」を指す場合が多く、日本人の考える首の付け根から肩の関節までを意味する言葉では無いようなのです。だからstiff neckの方が海外の方には伝わりやすいみたいです。

ところで「肩こり」という言葉を公の書物で初めて使ったのは夏目漱石だという話が有名です。著書の「門」の中に「首と肩の継ぎ目の少し背中に寄った局部が石のように凝っていた」とあるのがそうで、「肩が凝る」という言葉は夏目漱石による造語らしいのです。肩こりが生まれて100年とちょっとなんですね。
 

ただ、江戸時代から使われていたという説もありますので、歴史的な本当の話は歴史や書物の専門家の方々にお任せすることにしましょう。


初めてなので

これから、肩こり・腰痛について、ちょこちょこと書いていこうと思っていますが、改めて書こうとすると難しいものですね~sweat01系統立てて書くよりも、患者さんといろいろ話していて思いついたことや、説明させていただいたことを、あちこち飛びながら書いていこうかな?などと考えていますので、ご質問のある方は、遠慮なく、お問い合わせいただけたなら幸いです。よろしくお願いします。

1

« コラム | メインページ | アーカイブ | 腰痛 豆ブログ »

このページのトップへ